バンコク夜の新定番!チャオプラヤー川ディナークルーズとは

バンコク夜の新定番!チャオプラヤー川ディナークルーズとは

バンコクの観光のメインというと、寺院や遺跡巡りでしょうか?しかし夜のお楽しみも忘れてはいけません。マッサージやバーで過ごすこと葉一般的ですが、限られた滞在時間でもっとアクティブに十分タイを楽しみたい!という方の夜の過ごし方には、チャオプラヤー川のディナークルーズがおすすめです。川沿いのロマンティックな夜景と美味しいタイ料理をお楽しみください。

タイの母なる川チャオプラヤー

チャオプラヤー川はタイの母なる川とも呼ばれている、バンコクの中心に流れています。中央湿地帯のバンコクでは、チャオプラヤー・デルタと呼ばれる運河が掘られています。農業や運搬のために掘られた運河のおかげで、チャオプラヤーデルタは世界でも有数の稲作地帯まで発展しました。

稲作以外にも、一般のタイ人の移動手段の役割も果たしています。チャオプラヤー川には、市民の足になる渡し船や観光客用の乗り降り自由なボートなど、様々な船が行き交うにぎやかな川となっています。

チャオプラヤー川1

ディナークルーズの時間になると、大型船から伝統的な木造船まで、さまざまなクルーズが各社から出航しています。予算や雰囲気など、お好みのタイプで選べるようになっています。

クルーズの乗船場所

主な乗船場所はリバーシティーアイコンサイアムアジアティークザリバーフロントです。これらの乗船場所まではBTSサパーンタクシン駅すぐの船着き場より、15~30分間隔で無料のシャトルボートが運航されています。またその他にも川沿いのホテルが運行しているクルーズでは、各ホテルが乗船場所となっています。

リバーシティ・バンコク

リバーシティ・バンコクは、チャオプラヤー川沿いにあるアンティークな絵画、食器、ベンジャロン焼き、タイシルク、骨董品などをメインに取り扱うショッピングモールです。

アイコンサイアム

アイコンサイアムは、2018年にオープンした巨大ショッピングモールです。1階には水上マーケットを模した各地方の物産展のようなエリアがあり、お土産を買ったり屋台風のお店で地元の食べ物やスイーツを購入して、その場で食べることも可能です。

アジアティーク・ザ・リバーフロント

アジアティーク・ザ・リバーフロントは、2012年にオープンした観光客向けのナイトマーケット。東京ドーム約2.5個分の広さを持つ敷地には、約1,500店舗のショップと約40店舗のレストランがあります。

クルーズのルート

上記3つのどこの乗船場所で乗りましても、見える景色やルートには変わりはありません。チャオプラヤー川を周遊するルートになりますが、見どころを紹介します。

p-map-dinner

グランドパールクルーズのWebサイトにある、ルートマップを例に紹介します。

ワット・ポー

ワット・ポー夜景1

ディナークルーズが出発すると、まず右手に見えてくるのが「ワット・ポー」です。4基ある仏塔がそれぞれライトアップされていて、昼間とは違う幻想的な美しさが際立ちます。昼間の観光と合わせて見ることで、よりお楽しみいただけます。

ラマ8世橋

ラマ8世橋1

その後、ラマ8世橋まで行ってルートを折り返しします。世界で5番目に長い橋としてバンコクのアイコンにもなっているラマ8世橋のライトアップは圧巻です。

ワット・アルン

ワット・アルン夜景1

暁の寺と呼ばれているワット・アルンは、ラマ8世橋の折返し後に右手に見えます。日没にあわせて毎日19時頃~21時頃にライトアップされます。日没にあわせてのライトアップなので、季節によってはライトアップの時間に若干の誤差がありますのでご注意ください。こちらも昼と夜の違う顔を見ると面白いですね。

チャオプラヤー川の5つ星ホテル

チャオプラヤー川沿いには5つ星のラグジュアリーホテルが並んでいます。ライトアップされたホテルもみどころです。

シャングリラホテル

シャングリラホテルバンコク
(Shangri-La Hotel公式HPより)

ロイヤル・オーキッド・シェラトン

(Royal Orchid Sheraton Hotel公式HPより)

おすすめのディナークルーズ5選

チャオプラヤー川には20種類以上のクルーズが運行されています。どれに乗ればいいのか迷ってしまいますが、編集部がバンコクの旅行におすすめしたいクルーズを5つご紹介します。

グランドパールクルーズ

グランドパール1

揺れをほとんど感じない大型船でチャオプラヤー川のクルーズはいかがですか。船内ではライブショーやタイ古典舞踊、ギターパフォーマンスなどの充実したエンターテイメントをお楽しみいただけます。1階2階屋上デッキに分かれていて、屋内と屋外どちらも行き来ができます。お食事はタイ料理を含むインターナショナルビュッフェなので好きな料理を好きなだけ食べれます。また、他のクルーズと比べても料金がお手頃なところもおすすめポイントです。クルーズ全体の中でも、人気No.1です!

ワンダフルパールクルーズ

ワンダフルパール1

グランドパールクルーズと同じ会社が運行しているワンダフルパールクルーズは、1ランク上のクルーズです。グランドパールクルーズよりも大きくて新しい船を使用していて、船内にはエスカレーターや、3階の屋上デッキには噴水がありラグジュアリーな雰囲気が漂うクルーズです。タイ古典舞踊やバンド演奏をビュッフェと共に楽しみつつ、夜のチャオプラヤー川を満喫してください。

ワンファークルーズ

WANFAH

古代の木造船を思わせるレトロなデザインの船は、オープンエアーのためエアコンがなくても暑さをほとんど感じません。食事はタイ料理、またはシーフードのセットメニューなので、ビュッフェのように食事中に席を立つ必要はなく、落ち着いて食事を楽しめますよ。また、音楽も静かな弦楽器のみでリラックスした雰囲気です。クルーズの後半に行われるタイダンスは舞台ではなく、みなさんの席の間で披露されるため、間近で鑑賞頂くことが出来るのがポイントです。

アプサラクルーズ

アプサラクルーズ1

アプサラクルーズは、5つ星ホテルのバンヤンツリーが運行するディナークルーズです。伝統的な木造船をかたどったオープンエアーで、夜風が吹き抜ける気持ちの良い空間を提供してくれます。モダンにアレンジされたタイ料理は、さすが5つ星ホテル!絶品です。他のグループとの相席はなく、座席はすべて景色を楽しめるように外向きに配置されています。ちょっと大人なディナーにおすすめです。

バーンカニタクルーズ

バーンカニタ1

コロニアル調にデザインされたレトロな造りが特徴的なオープンエアーの木造クルーズ船です。座席は、基本的に4人掛け席で、2人の場合は2人とも進行方向に並んで座る、カップルシートとなります。タイ古典舞踊やライブバンドなどのショーがないので、BGMを聞きながらゆったりと会話とお食事を楽しめる優雅なディナータイムが過ごせます。満席でも50人程度の小型船なので、スタッフのサービスの細やかさを感じることが出来ます。特別な日の夜にいかがですか。

バンコクの夜はディナークルーズで決まり

5つのディナークルーズを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。すべて特色のあるクルーズですので、友達との旅行、カップル、ご夫婦、ご家族、色々な旅行のスタイルに合わせてお選びいただけます。

バンコクは日本よりも物価が安いので、日本よりも比較的お得にディナークルーズを楽しむことができるでしょう。バンコク滞在の夜、ちょっと贅沢な夜を過ごしたい方は、ディナークルーズに乗船してみてはどうでしょうか。夜景を眺めながら旅行の思い出に浸るのも、翌日のスケジュールを話し合うのもいいですね。きっと、忘れられない思い出のひとつになること間違いなしです。

バンコクカテゴリの最新記事