タイ人がドはまりする宝くじのお話

タイ人がドはまりする宝くじのお話

サワディーカー!今回はタイ・バンコクで宝くじを初めて買ったお話をお届けします。タイに来られた方なら、一度は目にしたことのある路上で販売されている宝くじ。タイの宝くじの購入方法は?当選金額はいくらくらい?タイの宝くじをちょっとだけご案内します。

路上販売されている宝くじ

1935年に賭博法が設定されてから、タイでは基本的にギャンブル類は禁止されています。しかしながら、この路上で販売されている宝くじは、きちんと認められた国営の宝くじです。

一等賞金はなんと600万バーツ(約2,300万円)、日本の年末ジャンボなどに比べると少なく感じますが、タイではかなりの大金ですねえ。

抽選日は毎月「1日/16日」と2回もチャンスがあり、日本以上に当選出来る確立が高いように個人的には思います。

人生一発逆転を掛けて、タイの方々は毎回狂乱しております。

当選金額はいくらなのか?

等級当選金額番号
1等6,000,000バーツ6桁が一致(100万枚あたり1枚)
1等前後賞100,000バーツ1等の前後2枚
2等200,000バーツ(100万枚あたり5枚)
3等80,000バーツ(100万枚あたり5枚)
4等40,000バーツ(100万枚あたり50枚)
5等20,000バーツ(100万枚あたり100枚)
上3桁4,000バーツ先頭3桁が一致
下3桁4,000バーツ末尾3桁が一致
下2桁2,000バーツ末尾2桁が一致

至ってシンプルです。
目指すのはもちろん一等の600万バーツ。

どうやって買うの?

日本の宝くじはパックされたものを購入しますが、タイでは基本バラ売りで、自分の好きな数字を選んで購入することができます。
つまり、、数字を自分で選ぶことができるんです!

宝くじはこのように番号毎に仕分けされて売られており、自分の好きな数字を選んで買うことが出来ます。
信心深いタイの方々、自分のラッキーナンバーをひたすら毎回買い続けたり、なにかあったラッキーなことを無理やり数字に結びつけたり。。
あれやこれやと、宝くじに関しての話題が大好きなんです。

街角にいる宝くじ売りから直接購入できます。指差しで好きな番号をお選びください。
1枚のバラ売りから、10枚ぐらいまでのセット販売まで多種多様にあります。
(10枚セット販売の場合、1等が当選するとなんと6,000万バーツ!!)
日本人であってもタイの現地で宝くじを買うことに全く問題はありません。

※日本に居ながらオンラインなどで海外の宝くじを買うことは軽法条第3項に違反しますのでご注意ください

ある有名な話で、2017年にアユタヤで重さ100キロの巨大オオトカゲが現れ、近隣住民がこれは神の使いだと。
トカゲが現れた家の住所の番号53、みつけたおばさんの年齢64、捕獲したトカゲを搬送した車のナンバープレートが9324だったなど。
数字に狂乱するタイの方々です。

宝くじの買い方・遊び方

私のラッキーナンバーが「2」。
末尾に2が付いた、なんとなくピーンと来た番号の宝くじを購入しました。

お金を散財するつもりはないので、購入したのはこの2通りだけ。

  • 605322
  • 281812

なんとなく語呂が良いなと。

そして迎えた3日後の抽選日。
宝くじを購入したことなんてすっかーり忘れていました。

当日の早朝、なんと不思議な体験をしたんです。

おわかりいただけただろうか。。
これは自宅があるコンドミニアムの8階のエレベーターホールへと向かう通路なんですが、なんと大きい亀が歩いていました。
亀さんの歩く先は、ずるっと8階から外に落ちてしまうポッカリと開いた空間。
急いでセキュリティーに知らせて朝から亀さんを助けた浦島太郎のような感覚。

昼休みにこのことを同僚に話すと、「亀は縁起の良い動物」とのこと。
慌てて宝くじの存在をハッと思い出し、確認すると。。

おおおおおっ!!
当たっているじゃないですか!!
605322
末尾2桁の「22」が一致していましたので、2,000バーツの当たりです。
しかも、、

2枚組を購入していましたので、合計4,000バーツの当選!!
完全にビギナーズラックです。

ギャンブルはほどほどに

タイの方々が大好きな宝くじ。
宝くじを購入したんだ、ラッキーナンバーはいくつ、などの話ができれば、タイの方々との距離が一気に縮まることは間違いありません。
1枚80バーツと高いものではないので、話のネタとして旅の記念に購入してみてはどうでしょうか。

コップンカップ。

タイランドカテゴリの最新記事