インドネシアでオランウータンに出会う方法とは

インドネシアでオランウータンに出会う方法とは

インドネシア・カリマンタンは、世界で3番目に大きな島「ボルネオ島」の3分の2を占めており、200を超える部族が暮らしています。熱帯雨林が多く、オランウータンをはじめとする野生動物がたくさん生息する地域です。動物園でしか見ることのできないオランウータンを、ジャングルの中で間近に鑑賞しませんか?

オランウータンとは?

オランウータンは、インドネシア語でOrang(人) Utan(森)、つまり「森の人」という意味です。生息地は、インドネシアのスマトラ島北部とボルネオ島(マレーシア側にも生息)です。しかし現在では、生息地である熱帯の森林の急速な消失により絶滅の危機に瀕しています。

過去100年の間に約80%もの個体数が減少したといわれています。違法伐採、農地開拓、違法な密猟や密輸、地球温暖化など多くの要因により減少しているといわれています。

オランウータン01

もともとは、海岸部の人が奥地に居住する民族を指すオランウータンという言葉でしたが、ヨーロッパ人がこの動物を指す言葉と勘違いしたことにより、名付けられたとされています。

オランウータンと会える場所

オランウータン03

スマトラ島北部に生息していますが、観光用には整備されていませんので、ボルネオ島カリマンタンでの鑑賞がおすすめです。カリマンタンで観光としてオランウータンの鑑賞すると保護センターでオランウータンについて学んだり、ジャングルクルーズでオランウータンに近づけるなど、ご旅行の目的に合わせてお選びいただけます。

パンカランブンでオランウータンに会う

パンカランブンは、ジャカルタから飛行機で約3時間半。ここは、タンジュン・プティン国立公園の窓口として知られています。国立公園内には、世界最大のオランウータン観察地「キャンプ・リーキー」があります。野生オランウータンとの遭遇確率は100%に近いと言われているほど!必ず会いたい場合には、こちらに行きましょう。

オランウータンの他にも種多様な動植物が生息していて、大きなくちばしを持つサイチョウやワニ、テングザルなどにも出会えるます。

テングザル1

クマイ川をクルーズで下りキャンプ・リーキーまでの往復100kmの船旅でオランウータンを鑑賞します。クルーズ内には、エアコン付きの寝室、バス・トイレ、専用シェフによる食事が付いているので、ホテルに滞在している環境でオランウータンを見ることが出来ます。

パンカランブン部屋1

日没後には、ボートのライトのみが唯一の光となるのでジャングルの満点の星空やホタルの幻想的な光とともに、キャンドル・ディナーをお楽しみください。周りにはかすかな水の音と、野生動物の声のみ。ワイルドでありながらロマンティックな雰囲気の中で、大自然を満喫できます。

パランカラヤでオランウータンに会う

パランカラヤはジャカルタから飛行機で約2時間。ボルネオ・オランウータン生存財団(BOS)が運営している、オランウータン保護センターがあります。

保護センターまではジャングルの中をリバークルーズで向かいます。保護センター内では、オランウータンへの餌付け体験やオランウータン保護プログラムなどを学ぶことができます。

パランカラヤクルーズ1

バリクパパンでオラウータンに会う

バリクパパンはジャカルタから飛行機で約2時間。ボルネオ・オランウータン生存財団が運営しているエコロッジがあります。ロッジの裏には、オランウータン保護センターがあるので、確実にオランウータンを見ることが出来ます。ジャカルタ – バリクパパン間の飛行機は便数が多いので、気軽に訪問できることもポイントです。

ロッジが行うアクティビティーが豊富にあるので、大自然を満喫したい方にもぴったりです。ヒタム川の川下りでは、テングザルに遭遇するチャンスもありますよ。また、ジャングルのキャノピーウォーク、ワイン川クルーズでオランウータン観賞などといったアクティビティーも楽しめます。

バリクパパン1

オランウータンに会いに行こう

カリマンタンでは、エコロッジの滞在やクルーズでの宿泊など、様々なスタイルで滞在が可能です。日本では動物園でしか見ることのできないオランウータンを間近に鑑賞できるチャンスです。ジャカルタ在住の方以外にも、日本からお越しいただく方にもぜひ足を運んでいただきたい場所です。

現在多くの要因で、様々な動物の生存が危機に瀕しています。オランウータンの保護を知ることから、エコやSDG’s、動物との共存について学んでみましょう。もちろんかわいいオランウータンを見て楽しむことも忘れずに!大自然を思う存分楽しみに、カリマンタン島へ行ってみてはいかがでしょうか。

インドネシアカテゴリの最新記事