【2021年 最新版】 香港でのドローン空撮ポイントまとめ~これを見ればあなたも香港ドローンマスター~

【2021年 最新版】 香港でのドローン空撮ポイントまとめ~これを見ればあなたも香港ドローンマスター~

香港は、中環(セントラル)をはじめとした、そびえたつ高層ビル群の摩天楼、そして一歩 郊外に出れば、離島や山々には壮大な大自然が広がる、世界でも有数のドローン天国です。

また、香港は、日本とくらべてその法規制も庶民の意識も、格段にドローンフレンドリーな国といえます。

海外でドローン空撮を楽しむためには、まずはその対象となる国のドローンに関する法律を理解していないといけません。
「日本から香港にドローンは持ち込めますか? 重さやサイズの制限は?」
「香港ではドローンを飛ばしてはいけない場所などの制限はありますか?」
といったご質問を多くいただいておりましたが、ご安心ください。PandaBusがまとめてお答えします。

ここでは、世界ドローン販売シェアNo1のDJI社のウェブサイトに記載されている香港でのフライトガイドから、9つのドローン規制の基本を抜粋するとともに、香港でのドローン空撮の実情も合わせてご紹介いたします。

DJIウェブサイト|香港でのフライトガイド

https://www.dji.com/sg/flyingtips/hk

まずは、上記のウェブサイトから香港でのドローン空撮の際に踏まえておくべきポイントを抜粋します。

① 観光客でもドローンを飛ばすことができる
② 7kg未満の機材は申請せずに飛ばすことができる
③ 高度制限91メートル未満で飛行すること
④ 夜は飛ばさないこと
⑤ 常に視界での飛行とすること
⑥ 群衆から離れて飛行すること
⑦ 航空局のウェブサイトを確認すること
⑧ 危険な場所で飛ばさないこと
⑨ 機材やバッテリーは機内持ち込みで

実際のところ ~ 香港でのドローン空撮の実情

上述のポイントの1つ1つについて、香港での実情と合わせてご説明します。

① 観光客でもドローンを飛ばすことができる

香港では、昨年、何度か規制案や第三者保険への加入義務化などのはなしもあがっていましたが、今現在のところ、規制や保険の義務化はおこなわれていない状況です。
ですので、この機会に、下記にご案内するルールにのっとって楽しく安全に香港での空撮をお楽しみいただくことを強くおすすめします。
趣味でなく、ビジネスの目的、専門的な目的でドローンを操作する場合は、香港民間航空局(CAD)に申請書を提出し承認を受ける必要があります。
また、日本でも機体保険や賠償責任保険などドローン専用の損害保険がいろいろとできてきていて、その海外プランなどもございますので、心配な方はあらかじめ加入しておくことをおすすめします。

https://drone-hoken.jp/aircraft

② 7kg未満の機材は申請せずに飛ばすことができる

映画撮影などに使われている、DJI社の Inspire 2 という、かなり大型のドローンがありますが、それでも基本重量は3.4kgです。重いカメラやレンズやいろいろなオプションを付けた場合の最大離陸重量でも4.2kgです。 つまり、7kg未満という香港での規制は、簡単に言うと「ほとんどの民生用ドローンは申請無しで自由に飛ばしてもいいですよ」、という意味です。

https://www.youtube.com/embed/N-2-nHwcwP4

③ 高度制限91メートル未満で飛行すること

300フィート未満=91メートル未満であれば、規制なく飛ばせます。それでは、海抜934メートルのランタオピーク(鳳凰山)の頂上からドローンを飛ばすとどうなるでしょう。 答えは、934m + 91m = 1,025メートル(未満)の高さまで飛ばすことができます。当然、この高度を意識しながら飛ばすことは大切ですが、DJIなどの一般的なドローンでは、離陸ポイントの標高がゼロとして記録され、そこから約90mの高さに達すると、コントローラーが警告を告げますので、飛行中のリマインドにもなります。

(ランタオピーク)

④ 夜は飛ばさないこと

こちらは、⑤と合わせて実のところ守られていないケースが散見されます。
香港は、ご存知のとおり、「百万ドルの夜景」でおなじみの、夜の顔も大きな魅力。そして、YOUTUBEなどをみると、夜景の空撮動画もたくさんあがっていますが、すべてがややこしい申請手続きを済ませているとも思えません。
それでも、観光で香港に来られる方が夜景を空撮されたい場合は、日の入りから15~20分くらいのマジックアワーを狙って飛ばすとよいかと思います。この時間には十分に夜景といえる高層ビル群の明かりは灯ってきていますし、今の季節であればイルミネーションなどもすでに華やかになる時間帯。そしてなによりもMagic Hourということですばらしい色相のマジカルな映像を動画におさめるまたとないチャンスでもあります。
それでも、すっかり日の落ちた後の時間のベタな夜景をどうしても撮りたいこだわり派のみなさまには、事前に専門的な目的として香港民間航空局(※CAD)の承認を受けることをおすすめします。

(ビクトリアピークの夜)

⑤ 常に視界での飛行とすること

こちらも④以上に実際には守られていないルールといえるかと思います。
どんなに視界のよい日でも、ドローンまでの距離が50メートルを超えてくると、肉眼でとらえ続けるのは至難のわざです。
実際のところは、ほとんどのドローン操縦者が、視界でとらえているわけではなく、地形を把握しつつ、コントローラーの映像をみながら、ドローンのセンサーなどを十分に活用しながら操縦しているのが実情です。
ただ、例えば視界をさえぎる山の裏側で万一墜落障害事故を起こしてしまったといったケースでは、当然、既知のルールとして話は進むことでしょうから、自己責任と理解しておくべき部分かと思います。

(DJI社ドローンイメージ)

⑥ 群衆から離れて飛行すること

CADのウェブサイトには、「UAS(ドローンの正式名称 ~ 用語集参照)の操縦者はUASによって人や財産が危険にさらされないようにする責任があり、安全に飛行できると合理的に納得した場合以外はUASを飛行させてはならない。」とあります。
また、「管理下にない人、船舶、車両、構造物の上空、または、50m以内を飛行してはいけない」、さらに、「離着陸時には必然的に立ち会う人以外の人の上空または30m以内に飛行してはならない。」とありますので、これらが、CADによる第三者の安全への規定であり立場であると考えられますので理解しておく必要があるかと思います。
ただ、実際のところは、「群衆」の定義そのものがあいまいなこともあり、香港では人の多い公園などでトライポッド撮影を楽しむ若者なども多く、まわりの方たちも寛容に受け止めているのが実情です。
また、操縦者が「安全に飛行できると合理的に納得」すればよいのか、どのくらい正確な真上が「上空」となるか、など議論の余地もありますが、基本は理解しておくべきです。
一方、商用契約が絡むイベントなどでは、主催者側から許可のない空撮は当然許されない行為とみなされ、過去にはコンサート会場やカーレースのコース上などを許可なく空撮したことで問題となったケースもございました。

(上からの写真)

⑦ 航空局のウェブサイトを確認すること

香港民間航空局(CAD)のウェブサイトには「CAD で許可されている場合を除きドローンを飛ばしてはいけない場所」として、明確なガイドラインの記載がありますので、まずは法規制を理解するためにみておくべきです。

https://www.cad.gov.hk/english/UAS_safetyguidelines.html

DJIのドローンを使っている方は、DJIのFlysafe-GeoMap をみておくと、機種ごとのルールや禁止区域が理解しやすく便利です。

https://www.dji.com/jp/flysafe/geo-map

また、DJIのアプリ、今では「DJI Fly」 と 「DJI GO 4.0」 の2つが使われていると思いますが、フライトの前にこれらのアプリのデータをアップデートしておけば、禁止エリアや制限エリアに近づいたりした場合に警告がでるのでリマインドになります。
※ アプリは日本語でセットしておけば警告などもすべて日本語となるため安心です。

⑧ 危険な場所で飛ばさないこと

どこが危険でどこが危険でないか?は、操縦者の技量も合わせて判断すべきことですし、グレーな場合が多いのですが、 ⑦のCADのウェブサイト記載の禁止エリアは、①航空機との接触の可能性のある場所、②混雑した地域の上空、 ③特定の施設の上空、の3つの明確なポイントを踏まえて定義されています。
また、その場所が危険でなくとも、気象警報が発令されるような強風や豪雨の中のフライトはコントロールを失いやすいく危険なため禁止されています。
さらに、濃い霧などの場合は視界がなくなることに加えドローンのセンサーが過剰反応したり迷ったりして操縦が難しくなるため注意が必要です。
上空だけが強風であるような場合には離陸前にはわかりづらいものですが、機体が受けている風力が規定値を超えた場合コントローラーに警告が出ますので安全な操縦の判断材料になるでしょう。

(霧のライオンロック)

⑨ 機材やバッテリーは機内持ち込みで

ほとんどのエアラインの規定では、100Wh未満のバッテリーは20個まで機内持ち込み荷物として運ぶことができます。逆に、チェックイン荷物にバッテリーを含めることはできないので注意が必要です。
前出のDJI Inspire2 クラスの大型ドローンでもバッテリーは100Wh未満なので、ほとんどの民生機種のドローンのバッテリーについてあてはまるかと思います。
機材も周辺機器も予備のバッテリーも、日本から香港への飛行機での持ち込みに問題はないということです。

(日本航空の条件)

香港でのドローン空撮の不明点やトラブルなど

PandaBusにおまかせください!
ドローン空撮で心配なのは、言葉、法律、賠償責任のあたりかと思います。
PandaBusでは、ドローン空撮を熟知したスタッフ、有能な通訳、法律や保険を熟知したブレーンなど、香港で厚いコネクションを持っていますので、お困りの際はぜひご相談ください。

ドローン空撮で心配なのは、言葉、法律、賠償責任のあたりかと思います。
PandaBusでは、ドローン空撮を熟知したスタッフ、有能な通訳、法律や保険を熟知したブレーンなど、香港で厚いコネクションを持っていますので、お困りの際はぜひご相談ください。

(ポーピンチャオでの1枚)

日本では事故などばかりが大々的に取り上げられ、ドローン = 危険、人騒がせ、迷惑、といったイメージが強いように見受けられますが、香港では、興味を持って寄ってくる人はいても、空撮を誰かにとがめられるようなケースはほとんどないのではないでしょうか。

香港がいつまでもドローンフレンドリーな国でありますように。そして、香港の大自然や摩天楼の美しい空撮動画がYOUTUBEなどに上がり続けますように。そのためにはドローン空撮に関わるわれわれひとりひとりが香港での法規制をしっかりと理解し、ルールにのっとった安全なフライトを心がけることが求められているのかと思います。

(シャープピークでの1枚)

用語集|便利なウェブサイト集

・UAS : Unmanned Aircraft Systemの略で、無人航空機 = ドローンの専門用語です。
・CAD : Civil Aviation Department の略で、ここでは香港民間航空局のことです。
・UASに関するCADの取り決めが記載されたウェブサイトはこちら

https://www.cad.gov.hk/english/Unmanned_Aircraft_Systems.html

・DJIのフライトマップ ~ 地域、機種で絞込、飛行制限空域、高度制限空域、許認可空域、警告空域、強化警告空域など色分けされた地図をみることがでできます。

https://www.dji.com/jp/flysafe/geo-map

※ urlが英語・広東語環境の場合は翻訳アプリなどでご参照ください。

パンダバスの香港空撮動画

(<香港> ライオンロックに登ろう ~ 香港の夕暮れと夜景 ~)
(<香港> 香港の絶景 ~ カオルーンピーク登山とレトロ香港体験)
(<香港> 絶景スポット まとめ ベスト 20 カウントダウン (Full) ~ Hong Kong Summer Of 20 Drone Point)
(<香港> 絶景スポット ビクトリアピークから中環、金鐘、湾仔へのドローン空撮 ~ 2020年11月5日 JTAウェビナー採用分)
(<香港> ライオンロック = 獅子山 でのドローン空撮 ~ Drone Video Shooting at the Summit of Lion Rock, Hong Kong, 2020-06-27)
(<香港> 香港ハイライト(Short) 島へ山へ ~ 日本語ガイド・車・船などの手配はすべてお任せください)
(<香港> 日本語ガイドと離島へ!山へ!)

※ この記事に掲載した内容は2021年1月5日時点のものとなります。
※ 実際の香港でのドローン空撮にあたっては、記事中の関係機関の各ウェブサイトの最新情報を確認ください。

香港カテゴリの最新記事